プロフィール

田名辺 健人 Takehito Tanabe / ソリューションアーキテクト・半農半IT

1972年函館生まれ札幌育ち。筑波大学大学院理工学研究科中退。たまたま大学の研究室にあったMacintosh SE30に衝撃を受ける。

東京の音楽アーティストマネジメント会社にてファンクラブ会報やCD-ROMの制作に携わった後、印刷会社でDTPの仕事に就く。その後、独学でプログラミングを勉強し、東京の中堅印刷会社へプログラマーとして入社。自動組版、名刺受発注、ブログ製本サービスなどのシステムを開発、運用する。

2009年よりシステムインフラとしてAWS(Amazon Web Services)を積極的に導入し、以後のサービスは全てAWS上で運用する。2011年、地元札幌にUターン。クラウドを全面活用したリモート勤務を開始する。( 北海道に移住します   北海道に移住しました!

2014年、北海道帯広市の酪農畜産クラウドのスタートアップにジョイン。事業の立ち上げフェーズにてシステム開発に従事。その後、農業の現場に自分自身を投入する必要性を痛烈に感じ、農業研修を受講、同時に個人事業主として独立。(受講の全記録) IT系スタートアップの設計、開発、コンサルティング業務を行いながら、農業の現場に立ち続ける。

2016年7月からは、農業ITのスタートアップである株式会社農業情報設計社の取締役CTOとしてジョイン。開発体制全般の構築から、実際の開発者として、クラウドサービスの設計構築と運用を担当。AWSをフル活用したマルチリージョンで稼働するグローバルなクラウドサービスを手がける。

2018年4月に、北海道石狩郡当別町に居を移し、一反歩ほどの畑を確保、本格的な半農半ITを実践しつつ、今まで積み重ねて来た経験を世の中に還元するために、日々奔走している。

AWS認定ソリューションアーキテクト
AWS認定ロゴ